焼津駅前整形外科リウマチ・リハビリクリニック

静岡県焼津市中港の整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科
焼津駅前整形外科リウマチ・リハビリクリニック

〒425-0021
静岡県焼津市中港1-2-28
TEL 054-621-5511
▲Mobile Site
トップページ»  膝の痛み

膝の痛み

膝の痛み ――変形性膝関節症について

膝の痛み ――変形性膝関節症について

変形性膝関節症とは、加齢などが原因で関節軟骨が変性し、膝関節が徐々に変形してきた状態のことを言います。日本人では多くの場合、膝の内側の軟骨が磨り減って少しずつ凹脚になっていき、痛みを生じます。全国に700万人の患者さんがいるとも言われています。

【症状】
初期の特徴的な症状として動作開始時の痛みがあります。例えば、“立ち上がって歩き始めるときに膝が痛い。けれども、しばらく歩いていると痛みがなくなる。”という症状です。これが進行してくると、階段の昇り降りや正座をした時に痛みを感じるようになります。さらに進行すると、歩くといつも痛くなり、膝の伸びや曲がりが悪くなったり、肉眼的にも凹脚などの変形がわかる様になります。また、初期の変形性膝関節症でも“水がたまる”ことがあります(関節内水腫)。これは多くの場合、何回か穿刺している間に(水を抜いている間に)、たまらなくなってきます。

【治療法】
大きく分けると手術を行わない保存療法と手術療法があります。
(保存療法)体重の重い人は減量するなど、生活習慣の改善、筋力トレーニング(特に大腿四頭筋の強化)の実施、鎮痛剤の内服や塗り薬などの使用、ヒアルロン酸やステロイドの関節内注射、凹脚を矯正する足底板や膝の装具の使用、など色々あります。
この中で筋力トレーニングは特に重要です。トレーニングのつもりで膝の痛みに耐えながら、どんどん長い距離を歩く人もいますが、逆効果のことも多く、これには注意が必要です。歩いてトレーニングするのではなく、図のように膝を伸ばして5~10秒数え、それを20回、朝、夕の2回行うことが効果的です。(手術療法)保存療法で改善が得られないときに適応となります。大きく分けて以下の3つの方法があります。

a.
関節鏡手術:関節鏡を膝に挿入し、大量の水を流して膝の中を洗浄しながら、痛みの原因になりそうな傷んだ軟骨や半月板、滑膜を削って滑らかにします。1週間前後で退院出来ますが、思ったほど効果が得られないこともあります。

b.
高位脛骨骨切り術:多くの場合、膝が変形してくると凹脚になってきますので、膝下の骨(脛骨)を切って凹脚を矯正します(X脚にします)。脚の向きを変えることで、膝の内側の悪くなった軟骨にあまり負担がかからなくなり、除痛が期待できます。切った骨が癒合するまで、6~8週間程度入院が必要になります。

c.
人工膝関節全置換術:悪い部分を全部取ってしまい、人工の関節に変えてしまいます。この手術がもっとも除痛が期待できます。しかし、先の2つの手術に比べて体への負担が大きく、数%の確率で肺塞栓症や感染といった大きな合併症が起きるのが欠点です。1ヶ月程度の入院が必要です。思い当たる症状のある方は、是非、当院に一度受診してご相談ください。